実験室「め」

救急看護師を辞めてフォトジャーナリストへ。自分を生きてみたら何が起きるか実験中

幸せな四郎物語 3⃣ 〜決めれば、何かが動く。手作り絵本ラッキーパンツ一万冊へ〜

書家の仕事を一切絶ち、感覚に従って手作り絵本ラッキーパンツ1万冊にむけ絵本を作っていた。

一冊300円。ホッチキス止め、テープの帯、手作り感満載。

なぜ一万冊かは神のみぞ知る。理由はない。

 

普通に考えたら、アホである。

でも、時として社会が作ったコロコロ変わる常識よりも自分の内なる感覚に従うことは生きているという感覚を増大させてくれるのではないだろうか。

 

8月からラッキーパンツを書き出して、11月19日までに1万冊と決めた。

 

21日から懲りもせず笑 次はペルーの250キロ砂漠マラソンに向け日本を発つためでもある。

 

そして、11月19日に「ラッキーパンツ1万冊記念パーティ」をするために会場もすでにおさえている…!!笑

 

そして幸四郎さんの奥さんのアッコさんは、幸四郎さんのラッキーパンツの制作を手伝い指紋をすり切らせて絵本を作りまくっていた…笑

 

 

 

 

私も、幸四郎さんにもらったラッキーパンツの絵本を鞄にいれ魔除けにしていた。

持っているだけで、プっと笑ってしまい楽しくなってしまっているからだ。

 

丁度、お盆に帰省していた小学校の先生をやっている友人にも、ほれほれ~ラッキーパンツやで~と笑いながら見せてみた。

 

友人は「これ…買うわ笑 めっちゃ深いし子ども達にも見せたい」と買っていった。

 

ラッキーパンツの魔力は相当なものだと察した…笑

 

後日、友人から連絡がきた。

「小学校でラッキーパンツが広がっている…!校長先生も絶賛だった。教室で読み聞かせしたら、真剣な顔になったり爆笑したり、読んでいるこっちが笑ってしまうわ…笑 追加注文よろしく!」

 

ら、、、らっきーぱんつ……!!!一体何者なんや…笑

 

決めれば、何かが動く

 

 

f:id:mememedx:20171119002815j:plain

絵本の制作を手伝ってくれる人達や、買ってくれる人、中には100冊注文をしてくれる人も現れていった。

 

 

 

さらに後日、幸四郎さんから電話がきた。

 

「ラッキーパンツの事務員やってくれへん!!?」

「はあ?笑」

 

幸四郎さんの奥さんアッコさんは、服作りに本腰を入れるため私は事務要員となった。

 

 

幸せな四郎物語2️⃣〜自分が誇りに思えたこと、そして絵本ラッキーパンツへ〜

5月をすぎ8月に入っていた。

去年過労で倒れ自立神経失調症っぽくなり、体温調節がしにくくなっていて猛暑にカイロ3枚貼らないと寒かったり、台風がこれば低気圧で心臓が痛くなったり雨の日は動けない。

 

普通に生活するのさえ精一杯で、そろそろ心身ともに限界がきていた。

もともと動くのが好きで外の世界を見るのが楽しいと思う私は今の現状を受け入れられずにいた。一日一日が長く辛い日々だった。

 

そんな時、ふと5月に会った幸四郎さんのことを思い出した。

なぜか会わないといけない気がしたので、8月8日に会うことになったのだが大阪に台風直撃だったので、8月9日になった。

 

8月9日はライオンゲートという天体の周期でいうと、何かが開く日らしい。

そんなことを携帯で適当に見ていたことを思い出しながら今日は9日だなあと思っていた。

 

体の調子で遠出がまだできなかったので、家の近くの喫茶アメリカンにきてもらい、幸四郎さんに会うのは3か月ぶり。私たちはなぜか「何で今日会ってるんやろな…?笑」とお互い首を傾げる。

会う理由がこれといってなかったからだ。でも、なぜか会った方が良い気がするという、「気がする」は人間の直感的なものが強かった。

 

私は、5月に幸四郎さんに初めて会った時印象に残っていたことを聞いた。

 

幸四郎さんは、この前自分が視野欠損でほとんど見えていないことを受け入れられていないって言ってたやん?今でもその言葉を覚えてんねん。私も自分自身や、今の状況を受け入れられていない」

 

幸四郎さんは

「今まで、良い会社に入ることが良いと思って就職したけどそれが嫌で、職を転々としたり、時にはパチスロで稼いでいたりどうしようもなかってん。仕事で多額の借金をしたこともある。」

 

「仕事も続かへん、うまくいかへん、そんなどうしようもない自分を許せへんかってん。でもな、最近嫁に、『それは幸四郎が本当はやりたくないことやったからちゃうんの?』って言われた時、本当は自分のやりたいことをやってあげてたんやって思って自分を誇りに思えてん」

 

私は、気をつけていてもついつい社会の、誰かがいった『常識』に意識がいってしまう。

今の日本の社会では職を転々としないほうが良いという意見があったりするかもしれん。借金もあかんと言われるかもしれん。嫌なことは、我慢して続けないといけないと言われるかもしれん。

 

でも、幸四郎さんは自分の感覚を大事にし続けてたんじゃないかなと思った。

 

自分への誇りって何かな〜と思った。

今、私は体が本調子じゃなかったので会いたい人に会えない、行きたいところにもいけない。基本からだが常に鉛のように重くて、朝が来なければいいのに…って思って自分を責め続けていた。

 

そして、次に幸四郎さんが発した事は

 

 

「あんな、、そんでな、ある日風呂に入ってたら外で雷鳴っててバーーーン!!!って落ちてん。そしたらな、絵本1万冊や…!!!!って降ってきてん!風呂から出て脱衣所でパンツをはこうとしたら、右足からはくのと、左足からはくのとでは、もしかしたら人生違うのかもしれへん…って思ってん。それで、生計を立ててた書家を一切辞めて、絵本作家になろうと思ってん。絵本の名はラッキーパンツや!!」

 

「はあ????????????笑笑」

 

なんやろこのおもろい展開は…!まったく予想外の出来事に出逢うと生きている感覚がよみがえる。

あまり知らなかったのだが、幸四郎さんは大手企業にも書き下ろしをする書家だったのです。収入源をすべて絶ち、ラッキーパンツという謎の手作り絵本一本ていくというのは、なかなかの変態っぷりだなあ、なんか命燃やして生きてるな〜!!!と、このような人との出逢いは、生きることを肯定してくれるような気持ちになってしまう。

 

人は自分のことを認め、誇りに思うと想像もつかないことをしでかすのだろうか…笑

 

幸四郎さんは、鞄からス…っと絵本ラッキーパンツを取り出し私にくれた。

幸四郎さんの目は、5月のどこか自信のない目から未来を見据えている目になっていた。

 

8月9日、何かが開いた気がした。

 

f:id:mememedx:20171118235300j:plain

 

続く

 

 

 

石本幸四郎さんの絵本★1万冊にむけ絶賛発売中!↓

残り2490冊!!

さあ1万冊に向けて、ラストスパート!!!

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
11/19までに目指せ!手作りえほん発行部数1万冊!

ただいま4作品販売中!
『ラッキーパンツ』
『ラッキーパンツ2』
『ほくろ毛のゲーテさん』
『焼きそばからブタ』

どれも本当に面白いよー\(^o^)/

1冊300円
(送料無料)
(「ラッキーがパンツ2』はお届けが12月中旬以降になります)

お申し込みはメッセージかメールにて

1.お名前
2.郵便番号とご住所
3.電話番号
4.冊数
『ラッキーパンツ』
『ラッキーがパンツ2』
『焼きそばからブタ』
『ほくろ毛のゲーテさん』

をお送りください。

koshiro5460jp@gmail.com

折り返しお振込み先などをご案内いたします。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
えほん300冊伝道師大募集!!

プッと笑ってホッとする。

それが僕のえほんです。

笑ってホッとして、自分らしく生きる人がふえたらいいな。

1人でも多くの人に届いたらいいな。

みんなと喜び笑い合いたいな。

そんな想いに共感し、一緒に楽しんでくれる仲間、大募集します!!

えほん300冊伝道師(販売店)となって、えほんを世界に広めてくたさい!

伝道師になってくださる方には、1冊200円で卸売しますので、300円で販売していただいたり、友達や職場で配ったりしでください(^-^)/

300冊以上のお申込みで伝道師に任命させていただきます!
(代金のお支払いは基本的に一括ですが、相談もできますのでお気軽にお問い合わせくたさい)

300冊伝道師のお申込みは
お申し込みはメッセージかメールにて

1.お名前
2.郵便番号とご住所
3.電話番号
4.冊数
『ラッキーパンツ』
『ラッキーがパンツ2』
『焼きそばからブタ』
『ほくろ毛のゲーテさん』

をお送りください。
(「ラッキーがパンツ2』はお届けが12月中旬以降になります)

koshiro5460jp@gmail.com

折り返しお振込み先などをご案内いたします。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

幸せな四郎物語 1⃣ 〜僕は自分が視野が95%欠損していることをまだ認められていないんだ〜

5月22日。大阪は強い風が吹いていた。

 

昔からの友人らんぼうさんが久しぶりに関西に来ているというので、大阪梅田まで会いに行った。

わたしは去年動きすぎて過労で倒れ、あまり動けない状態だったのだが今日はなぜか行った方が良い気がすると思い重い足を動かして梅田まで行った。

強風にあおられるだけで何度も帰りたいと思うぐらい弱々しかったが、足は確実に向かっていた。

 

待ち合わせの喫茶店に着くと、らんぼうさんともう一人、石本幸四郎さんという人が来ていた。

 

 

f:id:mememedx:20171118183726j:plain

 

はじめましてと、お互い挨拶をする。

 

色々聞くと、らんぼうさんと一緒に世界一過酷な250キロもアタカマ砂漠マラソンに出場し完走した仲間だといういう。

 

らんぼうさんに聞くと、足下が悪い中、幸四郎さんは何度も何度も転倒しながら立ち上がって、足の裏の皮がずるむけになって歩ける状態ではなかったと。

途中、砂漠マラソンは区間に区切られており、時間制限内に区間を通過しないと失格になったり、マラソンを続行するのが危険な場合、医療チームが話し合いその選手を棄権にするか行かせるかを話し合う。

 

医療チームがすぐに救助できない区間があり、幸四郎さんを棄権にするか、行かせるかの話し合いが行われた。

一人の医師が

 

「彼を行かせる。彼には仲間がいる」

 

と、無線が入った。

そして、らんぼうさんや幸四郎さん含む日本人チーム10人全員完走したという。

 

 

どえらい面白いことをしているな~と思っていたところ、話をしている中で幸四郎さんは、「僕、視野が95%欠損してるんだよね」と言った。

見ていると、特に歩いたりぶつかったり支障があるようには見えなかったので視野欠損があるということが全然わからなかった。

少ない視野の中で、足下の悪い砂漠を7日間かけて完走することは、きっと想像を絶する大変さだろうと思う。

皆のサポートや、幸四郎さんの奥さんアッコさんも側で支えていた。

 

 

f:id:mememedx:20171118183941j:plain

どんな想いで砂漠を走ったんだろう、どんな想いで皆と向き合ったんだろう。

 

 

 

色々話している中、幸四郎さんはポツっとこういった。

 

 

「僕は自分が視野が95%欠損していることをまだ認められていないんだ」

 

いつ視力を失うかわかない中、幸四郎さんは生きている。

うまく言葉にできないけど幸四郎さんの言葉に、少しほっとしている自分がいた。

 

私も、自分を認めてあげれることがてきていない。

過労で倒れて1年ぐらい体調が戻らず外にでれていない私は、

私は欠けていて、もっと頑張らなきゃ。全然できていない。何もできていない。こんな自分は、誰にも大事にしてもらう資格なんかない。

自分を追い込んでいた結果だ。

 

次の日誕生日だった私は、らんぼうさんと幸四郎さんにお花をもらい祝ってくれた。

初対面の私に幸四郎さんは一輪のヒマワリをくれた。

f:id:mememedx:20170522230231p:plain

続く

 

石本幸四郎さんの絵本★1万冊にむけ絶賛発売中!↓

残り2490冊!!

さあ1万冊に向けて、ラストスパート!!!

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
11/19までに目指せ!手作りえほん発行部数1万冊!

ただいま4作品販売中!
『ラッキーパンツ』
『ラッキーパンツ2』
『ほくろ毛のゲーテさん』
『焼きそばからブタ』

どれも本当に面白いよー\(^o^)/

1冊300円
(送料無料)
(「ラッキーがパンツ2』はお届けが12月中旬以降になります)

お申し込みはメッセージかメールにて

1.お名前
2.郵便番号とご住所
3.電話番号
4.冊数
『ラッキーパンツ』
『ラッキーがパンツ2』
『焼きそばからブタ』
『ほくろ毛のゲーテさん』

をお送りください。

koshiro5460jp@gmail.com

折り返しお振込み先などをご案内いたします。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
えほん300冊伝道師大募集!!

プッと笑ってホッとする。

それが僕のえほんです。

笑ってホッとして、自分らしく生きる人がふえたらいいな。

1人でも多くの人に届いたらいいな。

みんなと喜び笑い合いたいな。

そんな想いに共感し、一緒に楽しんでくれる仲間、大募集します!!

えほん300冊伝道師(販売店)となって、えほんを世界に広めてくたさい!

伝道師になってくださる方には、1冊200円で卸売しますので、300円で販売していただいたり、友達や職場で配ったりしでください(^-^)/

300冊以上のお申込みで伝道師に任命させていただきます!
(代金のお支払いは基本的に一括ですが、相談もできますのでお気軽にお問い合わせくたさい)

300冊伝道師のお申込みは
お申し込みはメッセージかメールにて

1.お名前
2.郵便番号とご住所
3.電話番号
4.冊数
『ラッキーパンツ』
『ラッキーがパンツ2』
『焼きそばからブタ』
『ほくろ毛のゲーテさん』

をお送りください。
(「ラッキーがパンツ2』はお届けが12月中旬以降になります)

koshiro5460jp@gmail.com

折り返しお振込み先などをご案内いたします。

 

フォトジャーナリズム月刊誌DaysJapan10月号、沖縄特集に一部写真を使っていただきました。

10月下旬になってしまいましたが、フォトジャーナリズム月刊誌DaysJapan10月号、沖縄特集に一部写真を使っていただきました。
沖縄戦火炎放射器を浴び、平和のため後世のために基地をなくしたいと今も米軍基地前に座る88歳の島袋文子さんの写真です。
文子さんの目が今でも忘れられません。

沖縄のことや、文子さんの貴重な言葉が特集されているのでぜひ読んでいただければ嬉しいです^ ^

 
 

f:id:mememedx:20171025151436j:plain

命の空気感

うほっほい!
ラブリーマンよっちゃんと、さっちゃんの赤子りあちゃんに会いに行ってきました〜!おめでとう!!!😍😍

りあちゃんは初めて会った感じがせず、前世師弟関係でやっと師匠にあ…会えた…!
という不思議な感覚でした。

生まれる前も、りあちゃんはメッセージを送ってきてくれていました。
6月によっちゃんの家に行った時、さっちゃんは妊娠8か月でした。
大きなお腹に触ってりあちゃんに挨拶している時、

「さっちゃんの出産の写真とれたら、とても素晴らしいな…」

そんな想いがふと心の中に湧いてきました。
写真を撮る事を辞めていたので、自分から湧き出てきた言葉なのに不思議でどこからか聞こえてきたような感覚もありました。
その日は、その出てきた想いを誰にも言わず家に帰りました。

その次の日。さっちゃんからメールがきました。

「今日夢でね、あそこのおうちで自宅出産する中、たにたにに出産中の写真撮ってもらってる夢見たよ!笑
なんかとても自然に現場にいてくれてました」

と、さっちゃん、よっちゃんとその赤ちゃんの自宅出産の写真を撮る事になりました。

きょわ〜〜〜〜!!これは、、、撮るしかない。
それで、きっとこの二人と新しく生まれてきてくれる赤ちゃんの写真は、誰かの希望になるかもしれない…!

カメラをずっと置いていたので、むしろもう写真は撮らないかもしれないと思っていたので、こういう形でもう一度カメラを撮れるなら撮ろう…!と思いました。
頭ではなく、お腹の深いところが決めていました。

お産って、神様事でエネルギーの場所なので命を生み出すお母さんと、最大限の力を使ってこの世に出てくる赤ちゃんが主役なのはもちろんですが、そしてお父さんや、取り巻く人や環境によって大きく変わる可能性があるのではと思っています。

なので、心身ともに委ねる、信じる、喜びでその場にいたいと思っていたので、自分もそこに持っていけるように手放すものは手放していこうと色々と準備を始めました。出産予定日は一ヶ月後。

そして、撮ることが決まった3日後。

なぜか、赤ちゃんのりあちゃんのことが突拍子もなく何でこんな時に…!笑
という場面で思い出すことが多くなりました。
するとその夜、お父さんになるよっちゃんからメールがきました。

よっちゃん「たにたに〜!驚ろかんと聞いてな!笑 昨日の夜、病院でりあちゃん生まれてん!」

はっや〜〜〜〜!!!!笑笑

妊娠10ヶ月未満だと自宅出産は難しいとのことで、病院で急遽入院、出産になりました。
自宅出産の写真は撮る流れにはならず、写真で伝えることはできませんでしたがそれも全部オッケー。
さっちゃんも、りあちゃんも無事に元気に生まれてきてくれてほっと一息。

さっちゃんは、陣痛に気づかないくらいエクスタシー出産をしました。
病院でするお産が当たり前になって、救える命が増えました。
その変わり「命が生まれる場」や空気に触れることが少なくなってきたのかもしれません。

神事の空気感に小さい時から触れるって、どんなかんじなのかな?ってワクワクしちゃいます。

産科で働いていた時、お産の現場にいて少し慣れてしまっていたなあと思ったのですが、
今思うと、神様ごとの神聖な場にいさせてもらっていたんだなあと思います。

さっちゃんのお産はこれからお母さんになる人もそうですが、男性ももちろん、10代の女子、男子にもとても希望になる話になると思います。いや、皆の希望だな。

それを全力でサポートしたお父さんになったよっちゃん。メッセージを送り続けたりあちゃんも素晴らしい。
また、落ち着いたらさっちゃんのお産のお話会をするみたいなので、本当っっにおすすめです。
皆子宮から生まれてきたしね 

りあちゃんを抱っこさせてもらっていて、ずっと寝ておられました。
でも、私たちが話していると、これ…絶対全部わかって聞いてるよね…笑
と、赤ちゃんは最強の生き物だと思います。

りあちゃん、生まれてきてくれてありがとう!
さっちゃん、よっちゃんおめでとう
地球で一緒に遊ぼうね〜〜^^
さっちゃんいつでも綺麗やな。

 

f:id:mememedx:20170922213237j:plain

 

希望を見る目

6月15日テロ準備罪こと共謀罪可決。
戦争体験者の人達が共通して言うてはったのは、「いきなり戦争はこないの。最初は気づかないようにしてくるの」ということ。世の中が命に沿わなくなっていく前、じわじわと何かがおかしくなる。
戦争で亡くなっていった方達は何を思うんやろか。

 

 

共謀罪可決からもやもやして、なんだか気持ちが晴れないわーいと思っていたところ。

世界は色んな希望を見せてくれようとする!!

 

 

アメリカでは約1800キロの石油パイプラインの建設が計画されて、一時ネイティブアメリカンの人達や目を覚ました退役軍人など約1万人が集まり建設に反対していました。
「7世代先の子供たちのために今を生きる」ことを大切にしている彼らは、水が汚れると人間だけでなく動物や植物の命が、人間の目が届かないところまで影響があると懸念し祈りと非暴力で動いていました。

 

 

石油パイプラインは日本ではあまり馴染みがないかもしれませんが、地中に埋められて石油が漏れるという事故が過去にはあり環境に問題があるといわれていました。

 

 

トランプ政権になって、一時中断していたパイプラインの建設は再開され、始動開始前に石油が漏れたりする事態。

 

裁判になっていましたが流れてきた記事に、法廷がダコタアクセスパイプラインにおける冒涜的な法を認め、トランプ政権下における石油パイプラインの環境問題の評価が曖昧で、パイプラインを辞めるかどうかまできているらしい!

なんか嬉しくて印刷してノートに貼っちゃった‥

 

f:id:mememedx:20170616124349j:plain

興味の井戸を掘ると地下水脈に繋がっていく

5年ほど前から、教育の場から引退された米田先生から2〜3ヶ月に一度手紙が届いていました。若者の未来についてどう思うか、どうしていったらよいと思うか?という内容が多かったです。

 

 

その時は、看護師で忙しくしている中、なかなか手紙を返すことができなくて、そもそも手紙を書く習慣もなかったので、3回に一回ぐらい頑張って慣れない手紙を書くということをしていました。
書くのがメンドクサイというか、電話でええやんとか私はものぐさでした。手紙を書くのも体力を消耗していました…笑

 

 

でも、仕事を辞めて自分の時間を想像した時、手紙を書くという時間を捻出できない生活ってなんなんだろうな〜と、2、3年前からちょっとずつちょっとづつ、手紙を書くようになりました。

 

 

会って話すこともいいけど、電話で声を聞くのもいいけど、
手紙でしか出せないその人との対話があります。
メールでは表現できないものがあります。

 

 

もっぱら米田先生とは手紙のやりとりが多いです。以前私の手紙の返信率が低かった時、米田先生は70代後半なのに私とやりとりをするためにメールを勉強してくれた時もありましたが、私も米田先生もメールが苦手なので結局続きませんでした…笑 ああ、私たちはやっぱり手紙やな…!と思いました。

米田先生は、日本ユネスコ協会の理事をされていたり、日本に国際理解教育を取り入れた人物でもあります。

米田先生は、自分を貫き通す人で乱暴にまとめると頑固でもありなかなか折れません。今の若者が苦手意識を持つことがあるのではないかな〜と思うこともあります。

 

 

でも、1.2回ちょっと話しただけで苦手意識を持つことはもったいないというか、頑固の裏にある想いじっくり聞いたり、米田先生の生きた時代背景から考えて関わると、表面的では見えないことが見えてきます。

それは、米田先生だけではなく70〜90代の世代の方々とお話する時にも意識して対話をしたいと思っています。

 

 

 

3年前、看護師をやめて自分で道を創っていこうとした時、米田先生に言われたことがあります。

「興味の井戸を掘ってください。それは一つに決めなくてもよくて複数でもいいです。それぞれの井戸を掘っていくといずれ地下の水脈に繋がっていきます。」

 

 

その時はよくわかりませんでしたが、今、想像してなかったこれとこれが繋がる!あれもそれも繋がってきた!と、繋がるかどうかもわからなくがむしゃらに掘っていた井戸達が同じ地下水脈に繋がってきそうな感覚を掴んできました。おもしろい!

どうなるか楽しみです。

 

 

最近送られてきた手紙に、執筆されている「潮」の原稿も同封されていました。ちょうど折れている所によって、米田先生のアゴがしゃくれて見える……笑 んじゃなくて!笑 引退されても活躍されていることが嬉しいです。

 

 

f:id:mememedx:20170614120548j:plain