読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

実験室「め」

救急看護師を辞めてフォトジャーナリストへ。自分を生きてみたら何が起きるか実験中

感度の高い占い師:運命デザイナーせいらちゃん

占い師のせいらちゃん。
 
占い師って感度が高い人が多いと思うんですけど、せいらちゃんは飛び抜けて感度が高いと感じます。
その人の未来を見通す第六感的な能力というか。
 
はじめてせいらちゃんと会ったのは、4年前くらいかな。
友人が住んでいたシェアハウスの住人で、皆がやってきたことだけど忘れてる大切なある記憶を持っていて、めっちゃおもしろいな〜と思いました。
さすが感度がめちゃくちゃ高いなあと思います。
 
 
それ以来、今何してるかな〜と気にはしていたんですが、
それから何年か後にふと会いたくなって近況報告をしあうと、なんか人生の流れ的なものというか、魂の気づきというかペースがなんか似てるので、
あ、これでいーんだなって安心する友人です。
 
今までの殻を破る時ってちょっとしんどい時あるじゃないですか〜それを分かり合えるというか、
 
虚空の慰め合いがないんですよ。
 
たぶんお互い自分のことも相手のことも信じてるからなんじゃないかな〜と思えるので、苦しい時間のこともそのまま見守れるんだと思うんです。
それって、占い師としても相手のことを信じられるから質の高い鑑定ができるのではないかと思うんです。
 
 
 
んで今まで星座とか星の動きとか全然気にしてなかったんですけど、
なんで地球があって宇宙があるのかって誰も答えられないものがある不思議を大事にしたいなあと思うようになってから、
星読みって古来から受け継がれて来た、今みたいに物質的なものがあふれていない時代を生きて感度が高い先祖達が行ってきた能力なんじゃないかと興味を持つようになりました。
 
 
日本語で『稲妻』ってあるじゃないですか。
なんで雷が、稲の妻って書くのか。
 
 
雷の空中放電により,空中の窒素が分解され、それを雨が地中に溶かし込んで栄養分豊かな土地になって稲穂が育つ。
 
今より科学技術がないのに、
 
なんで、それわかってんの!!!?
 と、昔の人の感度の高さに驚愕します。
 
 

 星読みも、古来感度で生きて来た人達が、今では感じ取れない微細な感度を駆使してできたんじゃないかな〜と
思います。
 
 
もうわけわからんくなったら、感度を信じるしかない!!
せいらちゃんの星読みやタロット占いおもしろいですよ〜。
 

f:id:mememedx:20161129130318j:plain