読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

実験室「め」

救急看護師を辞めてフォトジャーナリストへ。自分を生きてみたら何が起きるか実験中

楽しむこと、はしゃぐことに合理的な理由はいらない

セルフ「Youは何しに日本へ!?」


「Youは何しに日本へ!?」は関空や成田空港で日本に来た外国人の人達にインタビューして、何で日本に来たのか、おもしろい人がいたらその後の旅の密着取材のテレビ番組である。



仕事で日本に来ることもあれば、京都マラソンに出るとか、日本のバッティングセンターに来るためだけに来たとか、彼らの日本への渡航理由が、、



軽っる!!!!笑


と生きる気力が湧いてくる!笑

人生楽しんでますな〜〜と、せっかく日本にきたからあそこも行ってこっちも行って‥ともったいなさからくる旅があまりなくて、この番組に出てくる外国人You達の、人生を楽しむフットワークの軽さに尊敬の意さえ感じるのだ。 


最近放映されたのは、オーストラリアから日本にきた男性は、雪が見たくて日本にきて雪ダイブをしてはしゃいでいた。(他に豪雪の国あったやろ!!と思うが、日本の雪に大のこだわりをもっていた)

その男性の顔は子どもみたいに目をキラッキラしてて、大のいい大人が雪まみれになり遊んでいたのだった。

旅、以上!。



日本に住むと、「そんな大それた理由はないけど、全力にはしゃぐ」というものが、少し薄いのかもしれないと思うことがある。

意味はない、なんとなくやってみた、楽しそうだからついついやってもーたわ。

など異国の文化や考え方も手伝ってか、You達のはしゃぎっぷりを見ているとこちらも楽しくなる。


あぁ、楽しむこと、はしゃぐことに合理的な理由なんて本当はいらないのではないかとさえ思う。


というわけで、たまに私はセルフ「Youは何しに日本へ」を勝手にやって遊んでいる。

大阪、京都らへんはYou達が多いので、バスに乗り合わせたり、なんか近くにいたり、そんな時に話しかけてみる。逆に道を聞かせることもなぜか多いので格好の獲物?である。


京都までくると、観光できたとかが多いんやけども、フランスで空港の管制塔で勤務している人と乗り合わせたバスで話していた。なかなかあまり聴かない内容だったのでおもしろい。


他、中東からきた男性親子は京都から岐阜高山まで行って、その後広島まで行くのだそう。


ちょっとした楽しみが連絡先を交換して、日本のガイドブックに載ってへんやろ〜と思うおすすめスポットを送ることだ。


ともかくYouたち楽しんでくれ!とセルフYouは何しに日本へは続く(たぶん笑)

f:id:mememedx:20170426084855j:plain

わっほーい