読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

実験室「め」

救急看護師を辞めてフォトジャーナリストへ。自分を生きてみたら何が起きるか実験中

闇市のようなフリマの重鎮


大阪にはまるで闇市のようなフリーマケットがあってお手伝いしにいっていた
時があります。
手伝いていっても最後に車にぎゅうぎゅうになるくらいの荷物入れるだけだから
あとは、出店しているおいちゃんおばちゃんと話をしているのが主…笑
 
なかなか面白い人が多くて、ムショ出たばかりとか、これから入る人とか、
話聞いていったらめっちゃドラマチックな人生送ってはるんやろうな〜という
人がチラホラ…。
 
生活はめちゃくちゃ大変やろうけど、それを冗談いいながら笑い飛ばす大阪の笑いの力が
あるんやろうな〜と思います。。
 
 
おいてある品物もおもしろくて、仏具とか仏壇とか坊さんが持っている棒↓なんかも売っている。

f:id:mememedx:20161201124138j:plain

 
一体どこから調達してきたん…?笑 と謎が多い。
戦後の闇市ってこんなかんじやったんかな〜と連想させるような佇まいが好きです。
 
 
おばちゃんと駄弁っていると、今は日本で働いているシリア出身のおじちゃんがやってきました。
時間があればこのフリマに出店してるおいちゃんとかおばちゃんに会いに来るんだそうです。
 
 
「シリアに帰省して日本に帰ってきた3ヶ月後戦闘が起きてそれから国に帰れなくなったわ〜
日本の報道はあかんわ。あんなもん作られた戦争や。(関西弁話せる)
日本はええわ〜なんやかんやいって、水も水道ひねったら出るし、平和やもんな」
 
 
と言っていました。少しはなすと「また来るわ〜」と席を立ち「またいつでも来いや〜」と
慣れたようにおばちゃんたちは見送りました。
国に帰れないってどんなかんじなんだろうなあ。
 
 
ぼーっと座っていると、バサバサとなんだ変な動きの鳩がいました。
側でず〜とバサバサしてたので気になってみてみると、
 
両足に釣り糸が絡まっている!!!!
 
 
おばちゃんと2人で鳩救出作戦で走り回ったものの、すばしっこくて全然捕まらへん!!笑
捕まろうとしないのに、うちらが座ってるとまたその鳩が近くに寄って来てバサバサするという
のを繰り返していた時、
 
 
近くで出店していたガーナからきたアリさんがいた!!!
ガーナやし、鳥の扱い上手そう…!!という偏見でアリさんに鳩捕まえてくれ〜と頼んだら、
 
木に登っている所を一発で「ガシっ!!!」と優しくホールドしていただきました…w
やっぱり鳥の扱いうまかった…!!w
 
 
両足糸でからまってるんかな〜と近くでみたら、、、、
釣り糸めっちゃ肉に食い込んで化膿してる〜〜!!!
f:id:mememedx:20161201131932j:image
 
こうやって、足が腐ったり、ちぎれたりしてえさがとれんくなって死んでいくんやなあ。。
 
3人係で、食い込みすぎてハサミが使えなかったから、ドライバーで糸をつり上げたところを
切るという作業をすること30分…。
逃げてたのにめっちゃ大人しい鳩。
 
 
鳩は空に帰っていきました。
 
 
アリさんの一言
「糸が絡まってる時、近くに来てウロウロしてたやろ?糸切ってる時静かにしてたし。助けて〜って助けてくれそうな人んとこいくねん。動物って話されへんけど、ようわかってるねん。」
 
アリさん、関西弁めちゃめちゃうまいやん!!!と思いつつ、動物のことを語るアリさん。やっぱりガーナで動物が近くにいてたからこその感覚なんだろうな〜っと。
 
なんでガーナから日本にやってきたのか、理由はあえて聞かないけど、相当ドラマチック、いやそれ以上の人生を送っているであろう人達が開く闇市のようなフリーマーケットの話でした。
 
 
 
 
 
記事を書いた人

me-itaya.wixsite.com

an-life.jp