読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

実験室「め」

救急看護師を辞めてフォトジャーナリストへ。自分を生きてみたら何が起きるか実験中

理性や義務に縛られて生きていると人間としての楽しさがなくなる

親友きみちゃんが福岡から神戸に来ていて、わざわざ1時間だけやのに大阪に会いにきてくれました。
 
 
 
きみちゃんは、年齢、立場関係なく誰とでも仲良くて壁を感じない自由な人で一緒にいてとても心地よい人です。
私たちの共通点はいっぱいあるんですが、あまり人がしていないであろうことで、
 
戦争の証言を聞きまくる
 
という所で、ぶつかる壁や考えとか、思いを共有できる少ない人でもあります。
 
 
 
 
きみちゃんは主に、原爆被災者のこと、広島のことを伝えているんですが、
広島の神様に守られている!?と思います。↓

f:id:mememedx:20170216002029j:plain

 
 
 
 
原爆の日の新聞、お祈りをするきみちゃんが写っています。もうこりゃ天のバックアップばっちりですね。
 
 
 
 
 
3年前看護師を辞めて戦争の証言を聞くことを始めた時、私はあることにぶつかりました。
 
戦争の事実を聞くことが辛くて、きつくて、病んできました。
ほんまにこの世にあったん!?っていう小説よりも信じられんこととかも聞きます。
 
私はどうして良いかわからず、とりあえず病みながら聞いていました。
一点の方向性しか聞けなかったんですよね。
 
でも、その時きみちゃんに言われたことは、
 
「私は愛だと思うねん。辛い戦争の証言を言うって、もう戦争してほしくない愛だと思う」
 
そっか〜!!とその時思いました。
それから、私の考えは変わり、相変わらず戦争の証言の話は強烈なんやけど、
 
 
 
 
 
なぜこの人は、ここまで話してくれるのか?
 
言葉には出ない裏の、その人の想いを感じたり考えることで、
戦争の証言を病まずに聞く事ができるようになりました。
 
 
きっと、私たちに生きてほしいって
 そういう想いで、戦争の事実を伝えてくれているのではと思うんです。
 
 
 
今日は、きみちゃんと感性と理性の話になって、
誰かに話をする時に、歴史や知識を踏まえて話すと具体的だしわかりやすいし、なんか話として成り立ちやすいよね〜という話題になったんですが、
 
 
でも私たちの伝えたいことって理屈を超えた
 
 
人間の感性を最大限に使って伝えたい!!
 
 
 
ということでした。
 
戦争の証言をとっていても、男性と女性の話し方がちょっと違うことが多くあるんですが、
 
 
男性は事実や他からの知識を踏まえて戦争の事実を話す事が多いのですが、
 
女性は、戦争の事実からこういうときどんな気持ちだったかを踏まえて話してくれることが多いです。
 
 
 
どっちも大事です。
同じ女性からだからでしょうか。女性の戦争の証言は体の感覚に残ることが多いです。
 
 
男性の証言を聴く時は、この時どう思ったんですか?どう感じたんですか?とできるだけ聞くようにしています。言わないだけで、心にはしまってはるんだなあと思います。
 
 
なんか、こう、理屈や理性を超えた生き物としての感性、感情で体の芯に響く伝え方ができたらいいな〜と思います。
 
 
 
帰りにきみちゃんが一言、
 
 
「理性や義務に縛られて生きていると人間としての楽しさがなくなるよね」
 
 
せやな〜と思いました。
何事もバランスが大事!
f:id:mememedx:20170216093902j:image
 
 
 
 

記事を書いた人↓

me-itaya.wixsite.com

 

an-life.jp

 

 
 
 

言語化の魔法

今どうにかしたいなーと思っているのが、体感覚として吸収することや、感覚で受け取っていることをどう言語化して表現するのかというところ。


体感や感覚って、知識よりも体の内側から生きてるぜー!!って叫ぶ感覚なのでできるものならば、数%でもわかりやすく表現したいと悩んで、何回も書き直して自分でもわけわからんくなってて本の執筆が絶賛止まってたんですわ( ; ; )

 

 

心の友なめこさん。
四年前からのダメダメへちょへちょ板谷をしょーがないなーと受け入れてくれるありがてぇこった( ;ω; )


なめこライターと共にコンガラガッタ私の頭の中を一緒に整理したり引き出してくれておりまする涙 

もういっぱい想い出や考えや伝えたい人達のことが、ありすぎてありすぎてまとまらんくて本書けないorz って思ってたけど希望が出てきました。 

 

 

 

ともかく、私はいつも人に恵まれすぎてヤバし🙏
ありがとうございます。

 

f:id:mememedx:20170212221909j:plain

 

記事を書いた人↓

me-itaya.wixsite.com

 

an-life.jp

 

 

 

 

 

 

何かが動く前兆の時は、必然的な人に会ってしまう

ここ2年学校機関に講演に呼んでいただくことが多いので、教育フォーラム的なものにもちょこちょこ勉強しに行っています。

 

教員の人達とも話したいなあと思って、先日教育イベントみたいな研修の中に「嫌われる勇気」の著書の方の基調講演がありました。色々盛りだくさんですが
それより面白いこと(すいません)が起こりました。

 

 

 

100人以上はいる参加者の中から、一人だけFB交換したんですよ。んで共通の友達が出てくるやないですか。
「あれ、これ僕の妻です。知ってるんですか?」

「ぬえええ〜!!!」

「しかも今から本返しにここに来るんです」

「ぎょえ〜〜!!!」

 

 

結婚してたのは知ってたけどピンポイントで旦那さんとFB友達になったご縁バッチリ系。

 

 

例の友人なめことバッタリ(バッチリ?)遭遇!熱いハグを交わす我々。そのまま夜の町に消えていきました。(晩飯へ)

 

2人とも3、4年前ほどのおつきあいでお互い変化の年で何か同士だわ〜!と思ってました、今何してんの〜と話になり、、
なめこライターさんになっていました!!

 

 

最近個人的に「専属ライターさんがほしい…涙」と熱望していました。体感覚で吸収していることも多いみたいで言語化が苦手すぎて引き出してくれる人がいないと書けないタイプだと悶えておりました。

で、本の執筆が何回書いてもなんか納得いかずぐるぐるして止まっていました。

 

 

そんな中舞い降りたなめこ…!!!
お手伝いしてくれることに…!!!!

サムシンググレートオオオオ!!!!!!!

 


こういう何かの力が働いているっぽい時、生きてる感覚がパナイしこういうの大事にしたいと思います^^

Thanks Nameko!!

 

f:id:mememedx:20170211212012j:plain

 

 

記事を書いた人↓

me-itaya.wixsite.com

 

an-life.jp

 

 

 

二分の一成人式。10歳の質問「人が亡くなる瞬間悲しかったですか?」

 
この前の二分の一成人式でお話させてもらったのをまとめようと思っているんですけど、ちょっとフェイントで出します…。
 
んで、小学生の質問って結構ド直球で予想外なことが多いので、あ…めっちゃ面白い、生きてる感じがする…!って思いました。
 
 
産婦人科や救急病棟で働いていた時のことを少しお話しました。
産科で300gほどの小さな亡くなった赤ちゃんの話や、救急では人が亡くなる瞬間とか。
 
で、お話が終わって最後質問タイムに入った時に、
 
 
「人が亡くなる瞬間悲しかったですか?」って思いっきり手を上げて、思いっきり真っ直ぐ言うてきました。
 
 
私はこう答えました。
「そうやね。やっぱりとても悲しいなぁ人が亡くなるのって。でもな、とても不思議な感覚やねんけどな、亡くなる瞬間って何故か神秘的で美しいなぁっとも感じてん。生きてることも死ぬこともとても両方凄いことなんやなぁって思うんやわ」
 
 
10歳でも感じ取って何かを一生懸命考えてるんやなぁって思います。
 
 
次々質問の手が上がりまくっていて、元気やなと思いました。
 
後半になるにつれ、モジモジしていたこが手を上げだしてくれたり、皆一生懸命に質問を飛ばしてきてくれました。
 
そんな環境を作っている子供達、そして先生達は子供らのことをとても大切にしているんだろうなぁって思います。
 
f:id:mememedx:20170211201311j:image
夕日がピンク紫〜!!!
 
 

記事を書いた人↓

me-itaya.wixsite.com

 

an-life.jp

アバンギャルドな桜

京都に戻り色々と身のまわりの整理をしておりまして、日課に京都の街を散歩するのが清々しいです。

 
 
まだ寒い日も続きますが皆さんいかがお過ごしでしょうか?
 
 
散歩をすると、自転車や車や電車ではなかなか通り過ぎてしまう場所を見つけられるのが粋で、今日も可愛らしい方に会えました。
 
 
f:id:mememedx:20170208164730j:image
 
御池桜さんです。
 
 
御池通りを散歩していたら、あれ梅かな??と思って近ずくと桜ではありませんか。
 
丁寧に看板を誰かが作ってかけていました。
 
f:id:mememedx:20170208164852j:image
 
不断桜といって、一年のうちに最も寒くて寂しい時期に人々の心を和ませようと一生懸命努力して咲いてくれている桜です。
桜で賑やかな時期まで咲いてくれている可愛い奴です。
 
と書かれてありました。
頑張らんでえーのに、咲いていて嬉しくなりました。
 
私も命名しなおしてみました。
前衛的な桜とかどうでしょう?
 
桜にインタビューしてみたらどんな返答が返ってくるのか
 
め「なんでこの寒い時期に咲こうと思ったんですか?」
 
桜「いや、何となくっす。寒い時期咲いたらなんかかっこよくねえっすか?」
 
 
とか植物と会話できたらおもしろいのになと妄想してしまいます。
あと、動物とかも会話してみたいです。
 
 
旧正月立春がすぎ、心はもう春日和。雪が降っても心浮き足立ちます。
 
 
また関西は寒くなるので、手足温めてくださいね。
週末半身浴をして体と心をあっためてゆるめる日をどうぞ作ってくださいね〜。
 
 
 

記事を書いた人↓

me-itaya.wixsite.com

 

an-life.jp

 
 
 
 
 

『理性は生きているものを殺す力である』

伊藤先生に、とある哲学者の勉強会に誘っていただいたんです。感性について言及されている先生でして、勉強会前に御著書見ておこうと思って気になる言葉がありました。

 

 

『理性は生きているものを殺す力である』

 

 

理性によって生を生かすために制御し操作し、調整するもんだと思ってたんですけど、理性神話論は終わったのか!?
理性を自分で操っていると思いきや、誰かの理性に操られていることが多いなと思うんです。

 

 

沖縄の辺野古では基地建設のコンクリートブロックが大浦湾に到着し、投下が始まりました。
もう世論とかニュースとか、誰かの言った人の意見とか全部とっぱらって、生き物としての自分はどう感じるのか?
それは、このこと以外でも言えることだと思います。

 

 

理性>感性 にしすぎて皆死にながら生きてる気もする。
でも、うまく理性を使って良い方向に生きている人もいる気もする。

結局自分の出した答えが一番なっとくして、実践できると思うので自分でもどうなるか楽しみです。

来週の勉強会が待ち遠しいです。

 
 

f:id:mememedx:20170207223315j:plain

 

記事を書いた人↓

me-itaya.wixsite.com

 

an-life.jp

 

引き寄せというより、各自勝手に集合してしまう

先日僧侶の純さんのご縁で森田ゆりさんのお宅にお邪魔しました。

 
 
 
森田さんは、ネイティブアメリカンの独立運動をした総長デニスバンクスの本をアメリカを飛び回り本を書かれ、現在は子供の教育に関する絵本やセミナーを開講されています。
 
 
 
森田さんの娘さんがアルジャジーラ放送でお勤めになられていると話になり、2年前ぐらい私の携帯にアルジャジーラ放送から取材依頼の電話がかかってきたという話をしたら、
 
「それ私の娘だわー!」
 
と、実はそこから森田さんとご縁が始まっていたのかもしれません。びつくり(°◽︎°) 
 
 
生きる年月を重ねると、その時はまだ見えなくても点と点がつながって線になっていくように、ご縁点が繋がっていくのがとても面白いなぁ思います。
 
 
最近そんな偶然かつ必然な縁のつながりが網のようにつながる出来事が多いです。
 
そういう事態が起こると、これからももっと面白くなるんだろうなぁと生きる希望が湧いてきます。
 
 
 
さらにですね、、
友人のじゃこめてぃ出版の石川さんが東京から関西にピンポイントで来てたんですよ!!
 
しかもネイティブアメリカンの伝承の絵本を出されてる出版社でして、知る人ぞ知る「愛$菩薩」という謎の僧侶ライブ(ほんまに僧侶です)を見に来てはったんですね〜、、わざわざ弾丸で!(°◽︎°) 笑 
f:id:mememedx:20170206151555j:image
 
 
 
 
会うならタイミングが今でしょ!ということで、
 
【僧侶✖️ネイティブアメリカン✖️本】という関連性のある、何かが繋がった空間になってしまいました。。笑
 
引き寄せというか、
 
【勝手に各自集合してしまう】
 
そんな時、今すぐ何か起こるときもあれば長期的に何か起こることもあると思いまして、わくわく妄想を抱いてしまいます。
 
 
森田ゆりさんの御著書もチェケラッ!!
 
f:id:mememedx:20170206151650j:image
https://www.amazon.co.jp/気持ちの本-森田-ゆり/dp/4887500505/ref=asap_bc?ie=UTF8
 
f:id:mememedx:20170206151711j:image
セミナーも興味深いですね。
 
 

記事を書いた人↓

me-itaya.wixsite.com

 

an-life.jp